良い肥満?悪い肥満? 内臓脂肪型肥満予防の基礎知識 内臓脂肪型肥満 情報Bank! 『内臓脂肪型肥満の予防法』

良い肥満?悪い肥満? 内臓脂肪型肥満予防の基礎知識

肥満とは、ただ体重が重いことではなく、身体に脂肪が過剰に蓄積した状態を言います。

ところが余分な脂肪でも、それが身体のどこに分布するかによって、それほど悪さをしない良い肥満と、悪さをする悪い肥満と、区別されるようになりました。

これが「良性肥満」と「悪性肥満」です。

良性肥満とは皮下脂肪型肥満を指します。

皮下脂肪型肥満は、腹部の他、顎の下や腕、あるいは下半身などにも脂肪が蓄積しやすく、明らかな肥満の体型をとります。

外見上の特徴から「洋ナシ型肥満」ともよばれ、女性に多いといわれており、生活習慣病のリスクは低いようです。

悪性肥満とは内臓脂肪型肥満を指します。

※内蔵脂肪型肥満の詳細はこちら⇒「内蔵脂肪型肥満とは?」をご覧ください。

このタイプの肥満は、生活習慣病と強い関連性があり注意が必要です。

このように、肥満のタイプによって生活習慣病のリスクが違います。
内臓脂肪型肥満を予防するには、まず、あなたの肥満のタイプを把握しましょう。


011-001.gif生活習慣病情報Bank!は各症状別に詳細サイトを構築中!


症状別のくわしい情報は下記「各情報Bank!」をご覧下さい。



 生活習慣病総合情報
   こちら⇒ひらめき生活習慣病情報Bank!

 糖尿病総合情報
   こちら⇒ひらめき糖尿病情報Bank!

 高脂血症総合情報
   こちら⇒ひらめき高脂血症情報Bank!

 高血圧総合情報
   こちら⇒ひらめき高血圧情報Bank!



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。