内臓脂肪型肥満とは? 内臓脂肪型肥満 情報Bank! 『内臓脂肪型肥満の予防法』

内臓脂肪型肥満とは? 内臓脂肪型肥満予防の基礎情報

内臓脂肪型肥満とは?

文字通り、内臓のまわりに脂肪が蓄積するタイプの肥満で、膨らみが出るまでに幾分の空間的な余裕もあり、一見して普通の体型を保ち発見しにくいことから「かくれ肥満」ともよばれています。

外見上の特徴から「リンゴ型肥満」ともよばれ、事務系の仕事をしている中年男性、女性では更年期以降、そして年齢に関係なくダイエットに何回も挑戦したという人が多いようです。

内臓脂肪型肥満は、生活習慣病と強い関連性があり注意が必要です。
また、メタボリックシンドロームの必須判断基準にもなっています。

現在、外見上は太っていなくても「かくれ肥満」の可能性もあります。
最近お腹まわりが気になるな〜」という方は注意信号です。

数値基準は下記の通りです。

ウエスト(おへそ周り)周囲径
  :男性は85cm以上:女性は90cm以上  
  ※(内臓脂肪面積100平方cm以上に相当)


011-001.gif生活習慣病情報Bank!は各症状別に詳細サイトを構築中!


症状別のくわしい情報は下記「各情報Bank!」をご覧下さい。



 生活習慣病総合情報
   こちら⇒ひらめき生活習慣病情報Bank!

 糖尿病総合情報
   こちら⇒ひらめき糖尿病情報Bank!

 高脂血症総合情報
   こちら⇒ひらめき高脂血症情報Bank!

 高血圧総合情報
   こちら⇒ひらめき高血圧情報Bank!



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。