内臓脂肪型肥満の症状は? 内臓脂肪型肥満 情報Bank! 『内臓脂肪型肥満の予防法』

内臓脂肪型肥満の症状 内臓脂肪型肥満解消の基礎情報

内臓脂肪型肥満の症状は痛みや身体の異常など、自覚症状があまりないのが特徴です。

しかし、内臓脂肪が蓄積した状態になると、悪玉物質アディポサイトカインを分泌し、高血圧糖尿病高脂血症などを防ぐ役割がある善玉物質アディポネクチンの分泌量を抑制していまうのです。

また、内臓脂肪が蓄積するとインスリンの働きを悪くし血圧を高め高血糖を招き、高血圧糖尿病を発症しやすくなります。

中性脂肪も内臓脂肪の蓄積と関係しており、高脂血症を発症しやすくなります。

さらに、PAI−1TNF−αアンジオテンシノーゲン等のいわゆる悪玉物質が分泌され動脈硬化を促進してしまいます。

このように、内臓脂肪型肥満は様々な生活習慣病の引き金となっています。

自覚症状はほとんどないので、日ごろのセルフチェックが大切です。

早期発見するには
こちら⇒ひらめき内臓脂肪型肥満の早期発見


≫≫生活習慣病情報Bank!は各症状別に詳細サイトを構築中!≪≪
症状別のくわしい情報は下記「各情報Bank!」をご覧下さい。


生活習慣病総合情報
  こちら⇒ひらめき生活習慣病情報Bank!

糖尿病総合情報
  こちら⇒ひらめき糖尿病情報Bank!

高脂血症総合情報
  こちら⇒ひらめき高脂血症情報Bank!

高血圧総合情報
  こちら⇒ひらめき高血圧情報Bank!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。