内臓脂肪型肥満と遺伝の関係 内臓脂肪型肥満 情報Bank! 『内臓脂肪型肥満の予防法』

内臓脂肪型肥満と遺伝の関係 内臓脂肪型肥満予防の基礎情報

肥満全般に関していえば、両親とも肥満でない場合、子どもが肥満である割合は約1割
両親のうち一方が肥満だと約4割
両親ともに肥満だと約7割の割合で子どもが肥満だといわれています。

しかし、遺伝因子について世界中で研究が行われていますが、現在のところ、一部の遺伝子の関与が明らかになっただけで、遺伝子を調べただけで、肥満になりやすい体質かどうか?を検査できるまでには至っておらず、一般的には肥満の原因としては環境因子生活習慣)のほうが重要と考えられています。

特に、内臓脂肪は皮下脂肪に比べ比較的容易に溜まりますが、容易に燃焼することができるため、環境因子生活習慣)の方が重要だといわれています。

上記の両親と子どもの関係も、同じ環境で暮らしていることで食習慣や生活パターン(生活習慣)が似てきて、太りやすい生活をしているとも考えられます。

内臓脂肪型肥満は、生活習慣を改善することで、かなりの確立で予防が可能です。

日々の生活を見直し、予防に努めましょう!


011-001.gif生活習慣病情報Bank!は各症状別に詳細サイトを構築中!


症状別のくわしい情報は下記「各情報Bank!」をご覧下さい。



 生活習慣病総合情報
   こちら⇒ひらめき生活習慣病情報Bank!

 糖尿病総合情報
   こちら⇒ひらめき糖尿病情報Bank!

 高脂血症総合情報
   こちら⇒ひらめき高脂血症情報Bank!

 高血圧総合情報
   こちら⇒ひらめき高血圧情報Bank!



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。