メタボリックシンドロームとは? 内臓脂肪型肥満 情報Bank! 『内臓脂肪型肥満の予防法』

メタボリックシンドロームとは 内臓脂肪型肥満予防の基礎情報

メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪型肥満高血糖高血圧高脂血症のうち2つ以上を合併した状態で、動脈硬化性疾患心筋梗塞や脳梗塞など)の危険性が非常にたかまっている状態をいいます。

『具体的な判断基準数値』は下記の通り

 内臓脂肪型肥満
  ウエスト(おへそ周り)周囲径
  :男性は85cm以上:女性は90cm以上  
  ※(内臓脂肪面積100平方cm以上に相当)

 高血糖
  空腹時血糖値 :110mg/dL以上

 高血圧
  最高(収縮期)血圧 :130mmHg以上
  最低(拡張期)血圧 :85mmHg以上
  ※のいずれか、又は両方
 
 高脂血症
  トリグリセリド値 :150mg/dL以上
  HDLコレステロール値 :40mg/dL未満
  ※のいずれか、又は両方

この基準は、日本独自のもので、平成17年4月8日日本内科学会総会にて発表されました。

内臓脂肪型肥満が必須条件となっているのが特徴で、WHOや米国の基準とは異なります。

メタボリックシンドロームの状態をそのまま放置しておくと、ゆっくりと動脈硬化が進行していきます。
そして、心筋梗塞脳梗塞冠動脈疾患狭心症などの病気に至ってしまうのです。


011-001.gif生活習慣病情報Bank!は各症状別に詳細サイトを構築中!


症状別のくわしい情報は下記「各情報Bank!」をご覧下さい。



 生活習慣病総合情報
   こちら⇒ひらめき生活習慣病情報Bank!

 糖尿病総合情報
   こちら⇒ひらめき糖尿病情報Bank!

 高脂血症総合情報
   こちら⇒ひらめき高脂血症情報Bank!

 高血圧総合情報
   こちら⇒ひらめき高血圧情報Bank!



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。